【最新情報】ATEN、デュアルリンクDVI-D対応のIP-KVMエクステンダー(その他ネットワーク機器)

72

製品名:デュアルリンクDVI-D IP-KVM KE6920/KE6922

デュアルリンクDVI-D IP-KVM KE6920/KE6922

概要(価格.comより引用)

ATENジャパンは「デュアルリンクDVI-D IP-KVMエクステンダーKE6920/KE6922」の発売を開始した。

トランスミッターとレシーバーで構成するIP-KVMエクステンダー。トランスミッターをコンピューターへ接続してデータをレシーバーに送り、リモートや別の場所からコンソールにアクセスできる。 遠隔にあるUSBコンソールからイントラネットを介してPCへのアクセスを可能にするため、ワークステーションから離れた場所にPCをセットアップできるのが特徴だ。

また、トランスミッター側とレシーバー側にDVIディスプレイを各1台接続でき、最大2560×2048ドット/50Hzの解像度に対応する。さらに、RJ-45ポート(1ポート)またはSFPスロット(2ポート)を介したネットワーク接続に対応し、トランスミッターとレシーバーは、相互に直接接続することも、銅線ベースまたはファイバーベースのLANを使った高速ネットワークを介して接続することも可能だ。

SFPスロットを介した接続において、1Gbps SFPファイバーモジュール拡張に対応しているため、光ファイバーネットワーク経由で接続した場合、最大10km延長できる。なお、「KE6922」は、PoEネットワークスイッチを介して電源を供給できるPoE(Power over Ethernet)機能を備える。

本体サイズは「KE6920」はトランスミッターとレシーバー共通で、215(幅)×41.8(高さ)×163.3(奥行)mm。重量が1.15kg。

「KE6922」はトランスミッターが215(幅)×41.8(高さ)×163.3(奥行)mm。重量が1.15kg。レシーバーが227.5(幅)×54.8(高さ)×171.6(奥行)mm。重量が1.3kg。

価格はトランスミッターとレシーバーがそれぞれ、「KE6920」の場合は各170,000円、 「KE6922」の場合は各185,000円(いずれも税別)。

関連記事