【ASUS】ASUS、「AMD A520」を搭載したMicro ATXマザーボード3機種(マザーボード)

22

製品名:

概要(価格.comより引用)

ASUS JAPANは、Micro ATXサイズのマザーボード「TUF GAMING A520M-PLUS」「PRIME A520M-A」「PRIME A520M-E」の3機種を発表。8月22日より発売する。

いずれも、チップセットに「AMD A520」を搭載したMicro ATXマザーボード。CPUソケットは「Socket AM4」に対応しており、第3世代のRyzenプロセッサーを搭載することが可能だ。

■「TUF GAMING A520M-PLUS」

耐久性にすぐれたミリタリーグレードのコンポーネントを採用したゲーミング向けモデル。高耐久のPCI Expressスロット「SafeSlot Core+」を搭載するほか、ライティング機能「Aura Sync」に対応する。

メモリースロットは、DDR4-4800MHz対応DIMM×4(最大128GB)。ストレージは、M.2×1、SATA×4。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 3.0 x1×2。

リアパネルのインターフェイスは、USB 3.2 Gen 2 Type-A×1、USB 3.2 Gen 1 Type-A×4、USB 2.0×2、ギガビットLAN×1、DVI-D×1、HDMI×1、アナログRGB×1などを装備する。

市場想定価格は12,000円前後(税別)。

■「PRIME A520M-A」

ファンコントロール機能「Fan Xpert」を搭載したモデル。デジタル電源回路の「DIGI+ VRM」を採用する。

メモリースロットは、DDR4-4800MHz対応DIMM×4(最大128GB)。ストレージは、M.2×1、SATA×4。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 3.0 x1×2。

リアパネルのインターフェイスは、USB 3.2 Gen 1 Type-A×4、USB 2.0×2、ギガビットLAN×1、DVI-D×1、HDMI×1、アナログRGB×1などを装備する。

市場想定価格は9,100円前後(税別)。

■「PRIME A520M-E」

ファンコントロール機能「Fan Xpert」を搭載したモデル。デジタル電源回路の「DIGI+ VRM」を採用する。

メモリースロットは、DDR4-4800MHz対応DIMM×2(最大64GB)。ストレージは、M.2×1、SATA×4。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 3.0 x1×2。

リアパネルのインターフェイスは、USB 3.2 Gen 2 Type-A×1、USB 3.2 Gen 1 Type-A×4、USB 2.0×2、ギガビットLAN×1、DVI-D×1、HDMI×1、アナログRGB×1などを装備する。

市場想定価格は8,700円前後(税別)。

関連記事