【パナソニック】パナソニック、軽量約426gの7.0型頑丈タブレット「TOUGHBOOK FZ-S1」(タブレットPC)

51

製品名:

概要(価格.comより引用)

パナソニック モバイルコミュニケーションズは、7.0型頑丈タブレット「TOUGHBOOK(タフブック) FZ-S1」を発表。ラインアップとして、Wi-Fiモデル、ワイヤレスWANモデル、大容量バッテリー搭載Wi-Fiモデル、大容量バッテリー搭載ワイヤレスWANモデルを用意し、国内法人向けに5月20日から順次発売する。

OSに「Android 10」を搭載したタブレット端末。過酷な現場での使用に備え頑丈設計を強化しており、冷凍・冷蔵倉庫などの低温環境下での使用を想定し、耐環境性能も向上している。

タフネス設計では、IP65/67準拠の防塵防滴試験、MIL-STD-810H準拠の耐振動試験、動作環境試験(−20度〜50度)、150cmからの落下試験を実施。加えて、本体形状を八角形にし、コーナー部分の樹脂層を厚くすることで、落下の衝撃を吸収・分散する構造を採用している。

また、裏面は独自のグリップ構造で握りやすく、長時間使用に配慮したデザイン。タフブック7.0型シリーズ最軽量となる約426g(Wi-Fiモデル)で、従来モデル「FZ-B2」(約540g)と比べ約110g軽く、約10%薄いコンパクト設計となっている。

主な仕様は、ディスプレイが7.0型WXGA液晶(1280×800ドット)、プロセッサーが「Qualcomm SDM660」、メモリーが4GB、ストレージが64GB eMMC。外部メモリーはmicroSDカードに対応する。

カメラ画素数は、前面が500万画素、背面が1300万画素。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.1に対応する。

バッテリー駆動時間は、Wi-FiモデルとワイヤレスWANモデルが約8時間、大容量バッテリー搭載Wi-Fiモデルと大容量バッテリー搭載ワイヤレスWANモデルが約14時間。

このほか、本体サイズは193(幅)×16.1〜18.9(奥行)×131(奥行)mm。重量は約426g(Wi-Fiモデル)/約434g(ワイヤレスWANモデル)/約506g(大容量バッテリー搭載Wi-Fiモデル)/約514g(大容量バッテリー搭載ワイヤレスWANモデル)。

価格はいずれもオープン。

関連記事