【最新情報】NTTぷらら、「ひかりTV」録画番組のダビングに対応したBDレコーダー(ブルーレイ・DVDレコーダー)

168

製品名:「HBD-WA10」

「HBD-WA10」

概要(価格.comより引用)

NTTぷららおよび船井電機は、「monblu」ブランドより、HDD容量1TBのブルーレイディスクレコーダー「HBD-WA10」を発表。NTTぷららが運営するショッピングサービス「ひかりTVショッピング」などで7月3日より発売を開始した。

NTTぷらら提供のサービス「ひかりTV」、およびNTTドコモ提供のサービス「ひかりTV for docomo」で録画したUSB HDD内の番組を、ブルーレイディスク/DVDにダビングできるモデル。「当機能を内蔵した、初めてのひかりTV動作確認済みブルーレイディスクレコーダー」になるという。

具体的には、「HBD-WA10」と、ひかりTV対応チューナー/ひかりTV for docomo対応チューナー(ドコモテレビターミナル)を自宅のルーターに接続すると、ひかりTV/ひかりTV fordocomoで録画したUSB HDD内の番組を、「HBD-WA10」本体の内蔵HDDやブルーレイディスク/DVDにダビングして楽しめる。

なお、録画には、ひかりTVチューナー/ひかりTV for docomo対応チューナーに、外付けUSB HDD(別売り)を接続する必要がある。「ひかりTV」で録画した4K番組のダビングには非対応だ。

また、録画できる番組は、「ひかりTV」で配信している地上/BSデジタル放送、専門チャンネルなどの番組が対象だ(「ひかりTV for docomo」内の「dTVチャンネル」、「dTV」の番組は録画できない)。

機能面では、編集機能を搭載し、ダビングした番組のチャプターをフレーム単位で区切り、シーンをカッ卜することが可能。映像の切り替わりタイミングをねらって、自由に編集できる。ユーザーの好みの番組をAIが選択する「AIおすすめ録画」、 新番組の初回放送だけをまとめて録画できる「新番組録画」、条件に合った番組を自動で録画する「自動録画」にも対応した。

このほか主な仕様は、チューナーが地上/BS/110度CSデジタル×各2基を装備。内蔵HDDの録画時間(DRモード)は、地上デジタル放送(HD放送)が約127時間、BS・110度CSデジタル(HD放送)が約90時間。外付けHDDの接続は最大4台まで対応する。

本体サイズは430(幅)×48(高さ)×212(奥行)mm、重量は2.4kg。

「ひかりTVショッピング」での直販価格は42,800円。

関連記事