【CANON】キヤノン、映像制作用リモートカメラシステムの新機種を5月下旬から順次発売(ネットワークカメラ・防犯カメラ)

110

製品名:「CR-N500」「CR-N300」

「CR-N500」「CR-N300」

概要(価格.comより引用)

キヤノンは、IPによるリモートプロダクションを実現するという、映像制作用リモートカメラシステムを新たに立ち上げ、新製品4機種を5月下旬から順次発売すると発表した。

第1弾として、「CR-N500(ブラック/ホワイト)」(5月下旬発売)、「CR-N300(ブラック/ホワイト)」(6月中旬発売)、「CR-X500」(7月下旬発売)、「RC-IP100」(5月下旬発売)を用意する。

例として、「CR-N500」「CR-N300」は、業務用ビデオカメラと同等の高画質とIP対応を両立し、業務用途で求められる柔軟な画質設定が可能な屋内向け4K PTZ(パン、チルト、ズーム対応)リモートカメラとして展開する。

また、リモートカメラコントローラー「RC-IP100」は、IPとシリアル通信の双方をサポート。「XCプロトコル」対応の「CR-N500」「CR-N300」に加えて、シリアル通信対応の屋外向け4K PTZリモートカメラ「CR-X500」も遠隔制御でき、最大100台のカメラ(シリアル通信で接続できる「CR-X500」は1台のみ)によるシステムを構築できるとのことだ。

■関連リンク

キヤノン、4K/60P映像出力対応のカメラ一体型ロボットカメラヘッド「BU-43U」

関連記事