【ビクセン】ビクセン、三脚に搭載できる「ビノホルダー」付きズーム式単眼鏡2機種(双眼鏡・単眼鏡)

84

製品名:ジョイフルモノキュラー HZ7-21×21

ジョイフルモノキュラー HZ7-21×21

概要(価格.comより引用)

ビクセンは、ズーム式単眼鏡「ジョイフルモノキュラー」2機種を5月29日より発売すると発表した。

ラインアップは、倍率7〜21倍の「HZ7-21×21」、倍率10〜30倍の「HZ10-30×21」を用意。いずれも、レンズ面の反射を軽減するマルチコーティングを採用。カメラ三脚に搭載できるビノホルダーを標準装備する。

共通の仕様として、対物レンズ有効径が21mm。本体サイズは3.5(幅)×3.9(高さ)×10.2(奥行)cm、重量は73g。ソフトケース、ネックストラップが付属する。

「HZ7-21×21」の主な仕様は、実視界が4.8〜2.3度、見掛視界が32.7〜45.7度、1000m先視界が84〜40m、ひとみ径が3〜1mm、明るさが9〜1、アイレリーフが12〜9mm。ボディカラーはパールホワイト。

「HZ10-30×21」の主な仕様は、実視界が3.3〜1.6度、見掛視界が32.1〜45.5度、1000m先視界が58〜28m、ひとみ径が2.1〜0.7mm、明るさが4.4〜0.5、アイレリーフが11〜8mm。ボディカラーはブラック。

「HZ7-21×21」が6,000円、「HZ10-30×21」が6,500円(いずれも税別)。

関連記事