【最新情報】スマホ連携のハンコ型モバイルプリンター「PrintPods」、食品への印刷にも対応(携帯電話アクセサリ)

66

製品名:「PrintPods(プリントポッズ)」

「PrintPods(プリントポッズ)」

概要(価格.comより引用)

Entechは、ハンコ型モバイルプリンター「PrintPods(プリントポッズ)」を2月1日より一般発売すると発表した。

滑車センサーが表面を判断してインクを転写する、ハンコ型モバイルプリンター。インクは独自に開発したもので、「アメリカやヨーロッパのFDA(食品医薬品安全庁)に承認された食用インク(茶)をはじめ、水・洗濯に強い耐久性インク(黒)、肌に直接印刷できるインク(青/赤/黒)、UVライトに反応する透明インク」をラインアップ。今春までにフルカラーに対応する予定だ。

同社では「紙はもちろん、木材、プラスチック、金属、布、革、皮膚、凹凸のある葉っぱや食品など、あらゆるものに印刷できる。繊細にカーブした生卵にも印刷できるため、強く押し付けることなく、軽くすべらせるだけで印刷が可能」と説明している。

また、専用アプリと連携し、オリジナルデザインやハンコデータを画像として読み込み、印刷できる点も特徴。文字の大きさや濃さの調整も自由できる。アプリ内には、絵文字なども多数用意するとのことだ。

本体サイズは52(幅)×95(高さ)×43(奥行)mm、重量は160.5g。肌にやさしいインク黒×1、USB充電ケーブル×1が付属する。価格は22,000円。

別売りのインクカートリッジは、耐久性インクおよび食用インクが各15,000円。そのほかは各13,000円となっている。

関連記事