【シャープ】シャープ、速乾時間を約10%短縮したドレープフロードライヤー 「IB-WX2」(ヘアドライヤー)

17

製品名:IB-WX2

IB-WX2

概要(価格.comより引用)

シャープは、プラズマクラスタードレープフロードライヤー「IB-WX2」を発表。5月27日より発売する。

2つの吹き出し口から髪の広範囲に風を届ける速乾方式を採用したヘアドライヤー。従来モデル「IB-WX1」よりも風路の開口率を高め、送風面積を広げることで、髪の乾燥時間を約10%短縮するという。

また、マイナスとプラスの2種類のイオンで美髪効果を高めるプラズマクラスター技術により、静電気を抑制するほか、ブラッシングダメージからキューティクルを守り、カラーリングした髪の退色や枝毛・切れ毛も抑制するという。

さらに、吹き出し口から髪までの距離を測定し、送風温度を自動でコントロールすることで熱ダメージを抑える「センシングドライモード」により、カラーリングの退色を約40%抑える美髪効果を実証した。

このほか、本機と連携できる美髪アプリ「ボーテアップ(beauteAPP)」に、MODEボタンの切替操作をカスタマイズできる機能を追加。本アプリでは、髪の長さや気分などに合わせて、冷風から温風まで7段階の吹き出し温度と1〜30秒までの温度切替タイミングをそれぞれ組み合わせてループ運転する、オリジナルのドライモードを本体の「APPモード」に登録できる。

新機能では、“MODEボタンのカスタマイズ設定”として、「センシングドライモード」や「地肌ドライモード」など、本機に搭載している5つのドライモードから好みのモードだけに絞ったり、切替順序を入れ替えたりすることができる。

モード切り換えは、HOT、SENSING、BEAUTY、SCALP、APP(アプリでカスタマイズする)に対応。COLDボタンを装備する。

主な仕様は、温風温度が約95度(ホット/ドライ運転時、室温30度)、風量が約1.2m3/分(ターボ運転時)、消費電力が1200W(ホット/ターボ運転時)。

本体サイズは88(幅)×233(高さ)×132(奥行)mm。重量は約590g。電源コード長は約1.7m。セット用ノズル・ユニット清掃ブラシが付属する。ボディカラーは、ピンク系とホワイト系の2色を用意する。

価格はオープン。

関連記事