【ダイニチ】ダイニチ工業、3つの安全装置を搭載したセラミックファンヒーター2種(ヒーター・ストーブ)

48

製品名:

概要(価格.comより引用)

ダイニチ工業は、セラミックファンヒーターの2020年モデルとして、「EF-1200F」「EFH-1200F」の2機種を発表。9月1日より発売開始した。

震度約5以上の揺れを感知すると自動で運転を停止する「対震自動停止装置」のほか、製品前面、背面の2か所で温度をチェックし、落下した洗濯物などで空気取込口や温風吹出口がふさがれ、機器内が危険温度に到達すると自動で運転を停止する「過熱防止装置」と「室温異常自動停止装置」の3つの安全装置を搭載したセラミックファンヒーター。

同社製はすべて新潟の工場で行う国内生産で、本体3年保証を実現。アフターサービスも充実させたという。なお、「EFH-1200F」は加湿機能を備えたモデルとなっている。

■「EFH-1200F」

480ml/hの加湿機能をもった加湿器付きモデル。人の動きを検知して自動で運転オン・オフする省エネセンサーを搭載。人がいないと約5分で運転オフし、人が入ると自動で運転開始する。温度センサーで室温約22度を自動でキープし、暖めすぎを防ぐ。入タイマー(6/8時間)、 切タイマー(1/2時間) を搭載した。

主な仕様は、連続加湿時間は約8時間、タンク容量が3.8L、本体サイズは410(幅)×375(高さ)×180(奥行)mm、重量が約4.9kg、コード長が1.8m。ボディカラーはホワイトとブルー。

市場想定価格は24,000円前後。

■「EFH-1200F」

暖房単体モデル。人の動きを検知して自動で運転オン・オフする省エネセンサーを搭載。人がいないと約3分で運転オフし、人が入ると自動で運転開始する。温度センサーで室温約22度を自動でキープし、暖めすぎを防ぐ。入タイマー(6/8時間)、 切タイマー(1/2時間) を搭載した。

本体サイズは360(幅)×260(高さ)×155(奥行)mm、重量が約3kg、コード長が1.8m。ボディカラーはブラウン とホワイト。

市場想定価格は16,300円前後。

関連記事