【パナソニック】パナソニックが2020年秋冬「Let'snote」発表、テレワーク推奨モデルなど(ノートパソコン)

44

製品名:「CF-SV9ADPQR」

「CF-SV9ADPQR」

概要(価格.comより引用)

パナソニックは、モバイルパソコン「レッツノート」の個人店頭向けとして、「LV9」「SV9」「QV9」「RZ8」シリーズの2020年秋冬モデルを発表。10月16日より発売する。

一例として、「SV9」シリーズでは、「オフィスでも自宅でも快適に使えるテレワーク推奨モデル」として「CF-SV9ADPQR」を展開。重量は約929gで、持ち運びしやすいドライブレスモデルとなっているほか、ACアダプターを2個付属し、オフィス用と自宅用でそれぞれ使用できるという。さらに、通常1年保証のところ、3年間延長した4年間保証で提供する。

「CF-SV9ADPQR」の主な仕様は、表示部が12.1型WUXGA液晶ディスプレイ(1920×1200ドット)、CPUが「Core i5-10210U」、メモリーが8GB LPDDR3、ストレージが256GB SSD(PCIe)。光学式ドライブは非搭載。OSは64bit版「Windows 10 Pro」をプリインストールする。

バッテリー駆動時間は約13時間。インターフェイスは、USB 3.1 Type-C×1(Thunderbolt 3対応、USB Power Delivery対応)、USB 3.0 Type-Aポート×3、ギガビットLAN×1、VGA×1、HDMI出力(4K60p出力対応)×1、SDメモリーカードスロットなどを装備。オフィスソフトは「Microsoft Office Home&Business 2019」が付属する。

本体サイズは283.5(幅)×24.5(高さ)×203.8(奥行)mm(突起部を除く)、重量は約0.929kg(付属のバッテリーパック装着時)。ボディカラーはシルバー。

このほか、2020年秋冬モデルの特徴として、「LV9」「SV9」「QV9」シリーズは、第10世代インテル「Core」プロセッサーを装備。さらに、テレワーク需要の高まりに合わせて、ノートPCを使用しながらバッテリーに充電できる(「QV9」「SV9」「LV9」のみ)、レッツノート風デザインの小型ACアダプターを別売オプションで提供する(11月発売予定)。

価格はいずれもオープン。

■関連リンク

パナソニック、第10世代Core搭載の「レッツノート」2020年夏モデル

パナソニック、モバイルノートPC「Let'snote」2020年春モデルを発表

関連記事