【JVC】JVC、ポータブル電源「BN-RB62」とポータブルソーラーパネル「BH-SP68」発表(充電池・充電器)

16

製品名:

概要(価格.comより引用)

JVCケンウッドは、「JVC」ブランドより、ポータブル電源「BN-RB62」とポータブルソーラーパネル「BH-SP68」を発表。5月中旬より発売する。

■ポータブル電源「BN-RB62」

AC定格500W、瞬間最大1000W出力を実現したポータブル電源。持ち運びやすさと性能をバランスよく両立したとのことで、スマートフォンやノートパソコンの充電のほか、小型炊飯器や電動工具などへの給電に対応。また、本体の各種表記を日本語とし、各入出力端子を線で区分けするなど、わかりやすさに配慮したという。

大容量626Wh(174000mAh)のバッテリーを搭載し、12WのLEDライトの場合約44時間の使用、スマートフォン約35回の充電が可能。入出力ポートはAC100Vを2ポート、USBを3ポート、DC12Vシガーソケットを1ポート搭載する。このほか、滑り止め付き折りたたみハンドルを装備する。

充電時間はACアダプター使用時が約8.5時間、シガーアダプター使用時が約11時間、「BH-SP68」使用時が約14.5時間、「BH-SP100」使用時が約13時間。

本体サイズは300(幅)×192(高さ)×193(奥行)mm、重量が6.5Kg。ACアダプター(電源コード付き)、車載用シガーアダプター、アクセサリー収納用ポーチが付属する。

市場想定価格は75,000円前後。

■ポータブルソーラーパネル「BH-SP68」

高効率変換パネルを採用し、最大68Wの出力が可能なポータブルソーラーパネル。最大23%の高効率変換パネルを2面搭載し、従来モデル「BH-SP100」(2020年7月発売)と比べて軽量化・コンパクト化を実現した。

また、USB-C×1、USB-A×1を装備。ポータブル電源の本体充電だけではなく、スマートフォンの充電やUSB機器への直接給電が可能だ。

本体サイズは収納が430(幅)×540(高さ)×40(奥行)mm、最大(展開)時が860(幅)×540(高さ)×25(奥行)mm、重量が3kg。

市場想定価格は27,000円。

このほか、ポータブル電源とソーラーパネルの接続に便利な延長ケーブル「BH-SC5」(市場想定価格は3,500円前後)も同時に発売する。

関連記事