【東芝】東芝、タイムシフトマシン4K有機ELレグザ「77X9400」を9/18発売に決定(薄型テレビ・液晶テレビ)

11

製品名:「REGZA 77X9400」

「REGZA 77X9400」

概要(価格.comより引用)

東芝映像ソリューションは、4K有機ELテレビ「レグザ X9400シリーズ」より、2020年秋発売予定としていた77V型「77X9400」の発売日を決定。9月18日より発売する。

「77X9400」は、地上デジタル放送を最大6チャンネル録画できる「タイムシフトマシン」を搭載したモデル。チューナーは、地上デジタル×9、BS/110度CSデジタル×3、BS4K/110度CS4K×2を装備。画質面では、高画質映像処理エンジン「ダブルレグザエンジン Cloud PRO」などを搭載する。

このほか同社は、48V型「48X9400」について、「一部関連部品の入手遅延」にともなって、発売時期を2020年秋から2021年春に延期すると発表している。

くわえて、4K液晶テレビ「レグザ」のハイエンドモデル「Z740X」シリーズより、発売時期を延期していた50V型「50Z740X」について、11月中旬から発売することを明らかにした。

価格はいずれもオープン。

■関連リンク

東芝、「クラウドAI高画質」対応のタイムシフトマシン4K有機ELレグザ「X9400」

東芝、“一部部品の入手に遅れ”で4K液晶レグザ「50Z740X」の発売延期

関連記事