【エレコム】エレコム、「GoPro HERO8/7/6/5/MAX」対応フローティングハンドグリップなど(その他カメラ関連製品)

64

製品名:フローティングハンドグリップ AC-SSFBK

フローティングハンドグリップ AC-SSFBK

概要(価格.comより引用)

エレコムは、アクションカメラ「GoPro HERO8/7」対応のアクセサリー5製品を発表。5月下旬より順次発売する。

ラインアップは、「セミハードケース Sサイズ/Mサイズ」「フローティングハンドグリップ」「三脚&自撮り棒」「クリップホルダー」を用意する。

■「セミハードケース AC-ASC02BK(Sサイズ)/AC-ASC01BK(Mサイズ)」(ブラック)

「GoPro HERO8/7」対応のセミハードケース。EVA 素材を使用し、衝撃、傷、ホコリから収納物を守る。開閉部には、ダブルファスナーを採用した。

これに加えて、「Mサイズ」は、ケーブルなどを収納できるメッシュポケットや、カメラ本体とバッテリーを固定収納できるウレタンクッションを装備した。

「Sサイズ」の本体サイズは、外寸が約88(幅)×50(高さ)×85(奥行)mm(突起部、カラビナを除く)、参考収容寸が約73(幅)×37(高さ)×65(奥行)mm。重量は約58g。カラビナが付属する。

「Mサイズ」の本体サイズは、外寸が約120(幅)×60(高さ)×95(奥行)mm(突起部、ハンドルを除く)。参考収容寸は下側が約100(幅)×30(高さ)×75(奥行)mm、上側が約100(幅)×20(高さ)×75(奥行)mm。重量は約94g。

価格は「Sサイズ」が1,628円、「Mサイズ」が2,178円。

■「フローティングハンドグリップ AC-SSFBK」(ブラック/オレンジ)

「GoPro HERO8/7/6/5/MAX」対応のフローティングハンドグリップ。グリップ内部の空洞構造が浮力を実現し、海や川などでの使用に適するという。ブリップ部にはソフトクッションを採用し、握りやすくすべりにくい仕様とした。

本体サイズは約38(幅)×180(高さ)×38(奥行)mm(突起部を除く)、重量は約87g。カメラ取り付け用パーツ、約15cmのハンドストラップが付属する。

価格は2,728円。

■「三脚&自撮り棒 AC-SS2WBK」(ブラック)

「GoPro HERO8/7/6/5/MAX」対応の2Way三脚。三脚部分を折りたたむと、凹凸付きの自撮り棒として使用可能だ。約20cmから約90cmまで伸びる6節伸縮に対応する。また。アクションカメラ台座は約180度まで、本体台座は約90度以上角度を調整できる。

主な仕様は、最大地上高が約875mm、最低地上高が約185mm(いずれも三脚として使用時)。最大アーム長が約900mm(自撮り棒として使用時)。

本体サイズは約36(幅)×202(高さ)×38(奥行)mm(突起部、ホルダーを除く)、重量は約200g。ホルダーが付属する。

価格は3,278円。

■「クリップホルダー AC-MBCP02BK」(ブラック)

「GoPro HERO8/7/6/5/MAX」対応のクリップホルダー。胸元付近にクリップすることで、ハンズフリーで撮影ができる。クリップの土台部分は360度回転式を採用。また、クリップのくわえ部にギザ加工を施した。

本体サイズは約48(幅)×42(高さ)×85(奥行)mm(突起部を除く)、重量は約60g。

価格は1,078円。

関連記事