【パナソニック】パナソニック、画質を自動で最適化する4K液晶ビエラ「JX750シリーズ」4機種(薄型テレビ・液晶テレビ)

49

製品名:TH-65JX750、TH-58JX750、TH-50JX750、TH-40JX750

TH-65JX750、TH-58JX750、TH-50JX750、TH-40JX750

概要(価格.comより引用)

パナソニックは、4K液晶テレビの新モデルとして「4Kビエラ JX750シリーズ」4機種を発表。6月18日より発売する。

ラインアップは、65V型「TH-65JX750」、58V型「TH-58JX750」、50V型「TH-50JX750」、40V型「TH-40JX750」。65V型を新たに投入し、大画面のラインアップを従来の「HX750シリーズ」から強化したとのこと。

いずれも、BS4K/110度CS4Kチューナー×2基、地上/BS/110度CSデジタルチューナー×2基を装備したスタンダードモデル。別売りの外付けHDDを使った録画機能を搭載する。

画質面では、新たにディープラーニングを活用したAI技術によるシーン認識アルゴリズムを搭載し、シーンに応じて画質を自動で最適化する「オートAI画質」を実現した。

また、新たに、3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)を採用したヘキサクロマドライブを搭載。あわせて、従来シリーズよりも色域を拡大したパネルを搭載することにより、色鮮やかで階調豊かな映像表現を実現したという。

さらに、「エリアコントラスト制御PRO」の搭載により、映像を明部から暗部までコントラスト豊かな映像で表現するとのこと。音質面では20Wのスピーカーシステムを採用した。

共通の仕様として、画面解像度が3840×2160ドット。HDRもサポートし、「HDR10」「HLG」「HDR10+」「HDR10+ ADAPTIVE」「Dolby Vision」に対応する。

アスペクト比は16:9、音声実用最大出力が総合20W(10W+10W)。インターフェイスは、ビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン/イヤホン×、LAN×1、HDMI×3(2端子のみeARC/ARC対応)、USB×2(USB1端子のみUSB 3.0対応)などを備えた。

本体サイズおよび重量(いずれもスタンドを含む)は、「TH-65JX750」が145.9(幅)×87.2(高さ)×27.1(奥行)cm、約20.9kg。「TH-58JX750」が130(幅)×78.7(高さ)×24.7(奥行)cm、約14.8kg。「TH-50JX750」が112.3(幅)×68.2(高さ)×24.7(奥行)cm、約10.4kg。「TH-40JX750」が90.4(幅)×54.8(高さ)×17.4(奥行)cm、約7kg。

価格はいずれもオープン。

■関連リンク

パナソニック、液晶4Kビエラのスタンダードモデル「HX750シリーズ」

関連記事