【東芝】東芝、新開発「オシドリヘッド」採用のコードレス掃除機「VC-CL3000X」など(掃除機)

16

製品名:VC-CL3000X

VC-CL3000X

概要(価格.comより引用)

東芝ライフスタイルは、「TORNEO(トルネオ)」シリーズより、コードレススティック掃除機2機種を発表。最上位機種「VC-CL3000X」と、スリム・コンパクト設計の「VC-CLS1」を2月1日より発売する。

■「VC-CL3000X」

新開発の「オシドリヘッド」を搭載した最上位モデル。回転方向の違う2本のブラシを、2つのモーターで強力に回転させてごみをかき取るという。加えて、綿ごみ、毛ごみの絡みつきを低減するため、くし歯型の「ちり落としプレート」を前後のブラシに配置した。

また、フィルターレスで2段分離構造の「バーティカルトルネードシステム」を採用。カップ内の風の流れを変化させる「トルネードプレス」により、ごみを約1/4(同社調べ)まで圧縮するという。

さらに、ごみを検知してランプが点灯する「ゴミ残しまセンサー」を搭載。同梱のツールも収納できる充電台が付属する。

このほか、集じん容積は0.2L。本体サイズは257(幅)×1125(高さ)×220(奥行)mm。本体重量は1.9kg、標準重量は2.9kg。ボディカラーはムーンストーンシルバー。

■「VC-CLS1」

新開発の「軽量パワーヘッド」を採用したモデル。ヘッドを持ち上げたときに手元にかかる負担を、従来機種「VC-CL1600/CL600」と比較して、約10%軽減したという。

また、2つの気流を駆使する「デュアルトルネードシステム」を採用。カップ内の風の流れを変化させる「トルネードプレス」により、ごみを約1/3(同社調べ)に圧縮するという。

このほか、集じん容積は0.15L。本体サイズは200(幅)×1045(高さ)×140(奥行)mm。本体重量は0.8kg、標準重量は1.2kg。ボディカラーはグランオレンジ、ピンクブロンズ。

価格はいずれもオープン。

関連記事