【リコー】内蔵ストレージ容量を拡張した最上位360度カメラ「RICOH THETA Z1 51GB」(デジタルカメラ)

103

製品名:「RICOH THETA Z1 51GB」

「RICOH THETA Z1 51GB」

概要(価格.comより引用)

リコーおよびリコーイメージングは、ワンショットで360度の静止画や動画を撮影できる「RICOH THETA(リコー・シータ)」の最上位機種として、「RICOH THETA Z1 51GB」を発表。2021年4月下旬より発売する。

2019年5月に発売した最上位機種「RICOH THETA Z1」の基本性能はそのままに、内蔵ストレージ容量を、従来の19GBから51GBに拡張したモデル。「RAW+で約900枚、JPEGで約6350枚の撮影データを本体ストレージに保存できる」と同社では説明する。

仕様面では、コンパクトなボディに、1型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを装備。約2300万画素相当(6720×3360ピクセル)で360度の静止画を撮影できるという。動画撮影では、最大3840×1920/29.97fpsの4K動画記録に対応するほか、回転3軸補正による強力な手ぶれ補正機能も搭載した。

このほか主な仕様は、有効画素数が約2000万画素×2、出力画素数が約2300万画素、レンズ構成が10群14枚(F2.1、3.5、5.6)。撮影距離は約40cm〜∞(レンズ先端より)。0.93型有機EL情報パネルとFn(ファンクション)ボタンも備える。バッテリー寿命の目安は、静止画が約300枚、動画が約60分だ。

本体サイズは48(幅)×132.5(高さ)×24〜29.7(奥行)mm(レンズ部を除く)、重量は約182g。ボディカラーはブラック。

直販価格は132,800円。

■関連リンク

リコー、1型センサー搭載の360度カメラ「RICOH THETA Z1」

関連記事