【ハクバ】ハクバ、普段使いのバッグをカメラバッグに変える「インナーソフトボックス 02」(カメラケース・ポーチ)

106

製品名:インナーソフトボックス 02

インナーソフトボックス 02

概要(価格.comより引用)

ハクバ写真産業は、普段使いのバッグをカメラバッグへ変える「インナーソフトボックス 02 200/300/400/500」を発売した。

「そのまま入れるだけで、いつものバッグがカメラバッグに早変わり」するというインナーボックス。全面の厚いクッションが、機材をしっかり保護するとのこと。クッション入りのフタは、取り外しが可能だ。

共通の仕様として、中仕切りパッド×1枚が付属。ボディカラーはオレンジ、グレー、ブラックの3色をそれぞれ展開する。

「200」の収納例は、標準レンズ付き小型一眼カメラと交換レンズ1本。本体サイズは外寸が約215(幅)×135(高さ)×110(奥行)mm、内寸が約200(幅)×120(高さ)×95(奥行)mm、重量は約75g。

「300」の収納例は、標準レンズ付き初級一眼カメラと交換レンズ1本。本体サイズは外寸が約235(幅)×175(高さ)×130(奥行)mm、内寸が約220(幅)×160(高さ)×115(奥行)mm、重量は約105g。

「400」の収納例は、標準レンズ付き上級一眼カメラと交換レンズ1本。本体サイズは外寸が約265(幅)×220(高さ)×145(奥行)mm、内寸が約250(幅)×195(高さ)×130(奥行)mm、重量は約185g。

「500」の収納例は、標準レンズ付き上級一眼カメラと交換レンズ2本。本体サイズは外寸が約365(幅)×255(高さ)×155(奥行)mm、内寸が約350(幅)×235(高さ)×140(奥行)mm、重量は約250g。

価格(いずれも税別)は「200」が2,400円、「300」が2,700円、「400」が2,900円、「500」が3,100円。

「インナーソフトボックス 02」に関する他の記事

いつのもカバンがカメラバッグに!HAKUBA インナーソフトボックスが良かったのでレビューする - 生かし屋さん。
編集者さんが取材先で使える写真を撮る為の3つのポイント《被写体別に解説!》 - マイクロフォーサーズの手引き
かわるビジネスリュックの使い勝手が大きく変わる!インナーボックスが最高に便利だぞ! #かわるビジネスリュック | むねさだブログ

関連記事