【最新情報】ドコモ、開発中の「軽量ディスプレイグラス」試作機を公開(携帯電話アクセサリ)

26

製品名:軽量ディスプレイグラス試作機

軽量ディスプレイグラス試作機

概要(価格.comより引用)

NTTドコモは、開発を進めている「軽量ディスプレイグラス」の試作機を公開した。

同試作機は、グラス型ウエアラブルデバイス。USB Type-C端子を搭載し、DisplayPort Alternate Mode対応の Androidスマートフォンなどと接続することで、スマートフォンのコンテンツを大画面(4m先を見た場合に約100型相当)で楽しむことが可能だ。

また、ケーブル、フロントアタッチメントを除く約49gの軽量性と、眼鏡のように着脱でき、折り畳んでコンパクトに持ち運べる利便性を実現したとのこと。同社は「日常で使えるグラス型デバイスとして、ミニマルなデザインとなっている」と説明している。

さらに、ディスプレイはシースルー構造とし、装着時も周囲の状況を確認しながら作業が行える。デザインと透過度の異なる3種類のフロントアタッチメントは、ワンタッチで交換でき、シチュエーションやコンテンツに応じて使い分けられる。

主な仕様は、ディスプレイがフルHD(1920×1080ドット)OLED、視野角(FOV)が約40度。接続インターフェイスはDisplayPort Alternate Mode対応のUSB Type-C を装備。本体の重量は約49g(フロントアタッチメント、ケーブルを除く)。

関連記事