【パナソニック】パナソニック、Lマウント用標準ズームレンズ「20-60 mm F3.5-5.6」(レンズ)

109

製品名:LUMIX S 20-60 mm F3.5-5.6

LUMIX S 20-60 mm F3.5-5.6

概要(価格.comより引用)

パナソニックは、フルサイズミラーレス「LUMIX S」シリーズ用交換レンズとして、標準ズームモデル「LUMIX S 20-60 mm F3.5-5.6」(S-R2060)を発表。7月22日より発売する。

Lマウントシステム用の交換レンズ。非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚、UHRレンズ1枚の特殊レンズを採用した。小型軽量ながら、超広角20mmから標準域60mmまでカバーした卓越した描写性能と、なめらかなボケ味を両立したという。

超広角の20mmワイド端においては、遠近感を強調した風景撮影をはじめ、屋内イベントやテーブルフォトなどの幅広い撮影が可能。動画撮影においても、超広角を活用したダイナミックな映像表現が可能とのこと。加えて、ステッピングモーターを用いた毎秒240回のAF制御で、高速・高精度AFも実現した。

また、最短撮影距離15cm(焦点距離20-26mm時)のマクロ撮影が可能。最大撮影倍率は0.43倍(焦点距離26mm時)となり、被写界深度が浅く大きなボケ効果を得られる。

さらに、防塵・防滴に配慮した構造と、雪山などの寒冷地でも撮影可能なマイナス10度の耐低温設計などを装備。レンズ最前面には、フッ素コーティングを採用した。

主な仕様は、レンズ構成が9群11枚(非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚、UHRレンズ1枚)、焦点距離が20〜60mm、開放絞りがF3.5〜5.6、最小絞りがF22、撮影距離範囲が0.15m〜∞(W端〜焦点距離:26mm)/0.4m〜∞(T端)(撮像面から)、最大撮影倍率が0.43倍(焦点距離26mm)、フィルター径が67mm。

本体サイズは77.4(最大径)×約87.2(長さ)mm、重量は約350g(レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップを含まず)。

価格は74,000円(税別)。

「LUMIX S 20-60 mm F3.5-5.6」に関する他の記事

ニコンD810後継機「D850」は、7000万~8000万画素センサーで、ニコンD500と同様の高度なAFシステムを搭載する!? | CAMEOTA.com

関連記事