【ライソン】ライソン、家飲み向け“1台4役”「せんべろメーカー」にヒーター部が長くなった第2弾(その他調理家電)

22

製品名:「にせんべろメーカー」

「にせんべろメーカー」

概要(価格.comより引用)

ライソンは、「家飲みに適した卓上家電」の第2弾として、「にせんべろメーカー」を発表した。2021年5月末日より発売する。

「居酒屋に行けなくてさびしい」という社員の思いから製品企画が立ち上がり、2020年12月に発売した「せんべろメーカー」に続く、第2弾モデル。なお、「せんべろメーカー」の初回生産分は予約完売となっており、2021年5月末から順次追加発売する予定だ。

「にせんべろメーカー」は、「せんべろメーカー」から引き続き、1台で焼き鳥、おでん、つまみのあぶり、熱燗の4役を楽しめるのが特徴。さらに、ヒーターの部分の長さが2倍長くなり、約40cmのロングサイズとなった。これにより、「せんべろでは、つまみが足りない」「2人でも楽しみたい」といったニーズに応えるという。

製品内容は、本体、トレイ、焼き鳥網、炙り網(大)、炙り網(小)、おでん鍋、熱燗鍋、とっくり、おちょこ×2。

本体サイズは520(幅)×105(高さ)×105(奥行)mm。重量(本体+トレイ)は約890g。

市場想定価格は9,460円。

■関連リンク

ライソン、熱燗鍋や炙り網のセット「せんべろメーカー」を12月11日発売に延期

関連記事