【東芝】TVS REGZA、ナチュラル美肌トーン搭載のフラッグシップ4K有機ELレグザ「X9400S」(薄型テレビ・液晶テレビ)

77

製品名:「X9400S」シリーズ

「X9400S」シリーズ

概要(価格.comより引用)

TVS REGZAは、「レグザの最高峰モデル」として、タイムシフトマシン4K有機ELレグザ「X9400Sシリーズ」を発表した。65V型「65X9400S」、55V型「55X9400S」、48V型「48X9400S」をラインアップし、4月30日より発売する。

主な特徴として、人の肌をリアルタイム検出しながら、人肌の立体感や質感を向上させるとともに、自然なトーンにコントロールする「ナチュラル美肌トーン」を搭載。「より健康的かつ自然な色と質感で人肌を再現する」という。

また、視聴環境に合わせて輝度や精細感を自動調整するとともに、夜の視聴環境でブルーライトを従来比約20%カット(照度200lx、色温度3000Kの電球色照明の視聴環境における、2020年モデル「55X9400」と2021年モデル「55X9400S」との比較)する「おまかせAIピクチャーII」を装備する。

画質面では、有機ELパネルのガンマ特性と輝度特性の見直を行うことで、明るさと階調性が向上したとのこと。加えて、放送波のノイズを低減し、テレビ番組のテロップもくっきりと描き出す「地デジAIビューティPRO II」、動画配信サービスごとの画質特性や圧縮方式、解像度にあわせ適切なパラメーターで高画質化する「ネット動画ビューティPRO II」も備える。

音質面では、実用最大出力合計値142W(非同時駆動、JEITA)のマルチアンプによって、ダブルレンジスピーカー、重低音バズーカユニットなど合計10個のスピーカーを駆動。正面、後方、それぞれに向かう独自のスピーカーの配置と高遮断クロスオーバーフィルターにより、「画面から音が出ているようなリアルで立体感のある音場を実現する」とのことだ(「48X9400S」は実用最大出力合計値72W[非同時駆動、JEITA]、バズーカユニットとトップツイーターを除くフロント6スピーカーシステムでクリアなサウンドを実現する「レグザパワーオーディオXD」を搭載)。

このほか主な仕様は共通で、画面解像度が3840×2160ドット。HDRもサポートし、「HDR 10+ ADAPTIVE」「HDR 10+」「DOLBY VISION」「HDR 10」「HLG HDR」規格に対応する。

チューナーはBS4K/110度CS4Kチューナーを各2基、地上デジタルチューナーを9基、BS/110度CSデジタルチューナーを各3基装備。録画機能は、地上デジタル放送を最大6チャンネル録画できる「タイムシフトマシン」に対応する。USB HDD録画機能では、「4Kダブルチューナーウラ録」(4K放送録画中は一部機能に制限が生じることがある)、「BSも地デジも3チューナーW録」の利用も可能だ。

65V型「65X9400S」の本体サイズは145.7(幅)×86.4(高さ)×29.6(奥行)cm、重量は46kg(いずれも卓上スタンド含む)。

55V型「55X9400S」の本体サイズは123.4(幅)×73.8(高さ)×27.9(奥行)cm、重量は32.5kg(いずれも卓上スタンド含む)。

48V型「48X9400S」の本体サイズは107.6(幅)×64.9(高さ)×27.9(奥行)cm、重量は20.5kg(いずれも卓上スタンド含む)。

価格はいずれもオープン。

「「X9400S」シリーズ」に関する他の記事

価格.com

関連記事