【TOKINA】トキナー、ニコンF/キヤノンEF用フラッグシップレンズ「atx-i 11-20mm F2.8 CF」(レンズ)

74

製品名:atx-i 11-20mm F2.8 CF

atx-i 11-20mm F2.8 CF

概要(価格.comより引用)

ケンコー・トキナーは、デジタル一眼レフカメラ用交換レンズ「atx-i」シリーズより、フラッグシップモデル「atx-i 11-20mm F2.8 CF」を発表。ニコンF用、キヤノンEF用をラインアップし、7月10日より発売する。

F2.8通しの大口径で、超広角から広角域までをカバーするフラッグシップレンズ。画角域は18mm、21mm、24mm、28mm(35mm判換算)に対応し、「単焦点レンズ4本分の活用範囲がある」と同社では説明している

また、ニコンF用は別売りの「マウントアダプター FTZ」(ニコン製)の使用で「Z 50」に、キヤノンEF用は別売りの「マウントアダプター EF-EOS M」(キヤノン製)の使用でEF-Mマウントのミラーレスカメラに対応する。

本体は、同社製レンズ「opera」と同じコンセプトの新デザインを採用。レンズ前面には、撥水性・撥油性にすぐれるという「WRコート」を施し、水滴のみならず指紋や皮脂汚れも簡単にふき取れるという。

レンズ構成は、同社独自のP-MO非球面レンズを前群に、ガラスモールド非球面レンズを後群に配置した。これにより、歪曲収差のほか、各収差を理想的に補正するという。さらに3枚のSDガラス(FK01を2枚、FK03を1枚)を採用し、色収差の除去を図った。

DCモーターと原則ギアユニットを一体成型、密封構造とした「SD-M」により、AF駆動音の静音性を高めたという。また、GMRセンサー(高精度磁気センサー)の採用で、素早いAFスピードを実現したとのことだ。

フォーカスリングは、ワンタッチフォーカスクラッチシステムを採用。マニュアルフォーカスに設定すると、MF専用レンズのような操作感のフォーカスリングに変化するとして、天体撮影・星景撮影や動画の撮影にも適するという。

主な仕様は、焦点距離が11〜20mm、明るさがF2.8、最小絞りがF22、レンズ構成が12群14枚、画角が104〜72度、フィルターサイズが82mm、最短撮影距離が0.28m、マクロ最大倍率が1:8.62、絞り羽根枚数が9枚、最大径が89.0mm

本体の全長および重量は、ニコンF用が91.8mm、555g。キヤノンEF用が94.3mm、570g。

価格は各73,000円(税別)。

「atx-i 11-20mm F2.8 CF」に関する他の記事

New Camera and Photography Articles, Nikon DSLR camera and lens

関連記事