【東芝】TVS REGZA、高輝度倍速パネルを搭載した4K液晶レグザ「Z670K」(薄型テレビ・液晶テレビ)

18

製品名:REGZA Z670K

REGZA Z670K

概要(価格.comより引用)

TVS REGZAは、4K液晶レグザ「Z670Kシリーズ」を発表。65V型、55V型、50V型、43V型をラインアップし、6月下旬より発売する。

新開発の広視野角・スリム直下型高輝度倍速パネルを搭載したのが特徴。斜めからの視聴でも美しい映像を楽しめるほか、動きの速いシーンでもなめらかに再現できるという。

また、新開発の高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZRⅠ」を搭載。高度なダイナミックガンマ制御により液晶パネルの能力を引き出し、高精細で臨場感あふれる映像を再現する。

さらに、不自然な色にカラーシフトした肌を検出し補正する「ナチュラル美肌トーン」、視聴環境に合わせて輝度や精細感を自動調整する「おまかせAIピクチャーZRⅠ」、クラウドと連携することで高精細な映像を再現する「地デジAIビューティZRⅠ」、ネット動画を高画質に楽しめる「ネット動画ビューティZRⅠ」などの高画質技術に対応する。

音質面では、実用最大出力合計値60Wのマルチアンプを採用し、新開発の2Wayバスレフボックススピーカー、重低音バズーカ、トップツイーターなど合計9個のスピーカーを駆動。「Dolby Atmos」にも対応しており、映画館のように立体的で迫力のあるサウンドを楽しめる。

チューナーは、4Kチューナーを2基、地上/BS・110度CSデジタル放送チューナーを3基内蔵。新たに搭載した「番組ガイド」を利用すことで、見逃しがちな特番や番組改編期のドラマやアニメを素早くチェック・録画することができる。

このほか、4K/120P入力が可能となったほか、コンテンツに応じて低遅延モードと高画質モードを自動的に切り換える「ALLM」、リフレッシュレートとフレームレートとの不整合により発生する映像のちらつきやカクツキを軽減する「バリアブルリフレッシュレート(VRR)」に対応する。

ゲーム向け機能では、新たに「オートゲームアジャスト」機能を搭載し、ゲーム機の出力映像に合わせて、臨場感あふれる美しい映像を再現する。

なお、4K/120P入力、「バリアブルリフレッシュレート(VRR)」は、2021年秋のソフトウェアアップデートによる対応を予定している。

価格はいずれもオープン。

■関連リンク

TVS REGZA、Android TV採用の4K有機ELレグザ「X8900K」シリーズ

関連記事