【ガーミン】ガーミン、持久系アスリート向けのGPSウォッチ「Enduro」2機種(ウェアラブル端末・スマートウォッチ)

151

製品名:Enduro Ti Carbon Gray DLC、Enduro Steel

Enduro Ti Carbon Gray DLC、Enduro Steel

概要(価格.comより引用)

ガーミンジャパンは、マルチスポーツGPSウォッチ「Enduro」シリーズ2機種を発表。4月1日より予約受付を開始し、4月8日より発売する。

ラインアップは、DLCコーティングチタン製ベゼルの「Ti Carbon Gray DLC」(Black UltraFit Nylon Strap付属)、ステンレススチール製ベゼルの「Steel」(Gray UltraFit Nylon Strap付属)を展開。

いずれも、ウルトラランなどに挑む持久系アスリート向けのGPSウォッチ。ディスプレイにソーラー充電レンズ「Power Glass」を搭載し、タフなバッテリー性能が特徴。必要な機能のみをオンにするなど、駆動時間のカスタマイズができるパワーマネージャー機能も備えた。

例として、駆動時間はGPS+光学式心拍計モードが約80時間、バッテリー最長モードが約300時間に対応する(いずれもソーラー充電、50000ルクスの条件下で1日3時間の屋外使用と終日着用を想定)。

また、新機能「トレイルランVO2 Max(最大酸素摂取量)」を搭載。さらに「ウルトランアクティビティ」には休息タイマーを含み、ウルトラレースやマラソン中にエイドステーションで過ごした時間を記録することで、走った時間をより正確に確認できる。

加えて、登山道、傾斜地での標高差やピークまでの距離、勾配などを表示する同社独自のサポートソフト「ClimbPro」にも対応。ワークアウト後に次の大きなトレーニング/ワークアウトまでの休息時間を示すリカバリーアドバイザーや、現在のトレーニング負荷とトレーニングステータスに基づいて提案する日々のワークアウトにより、パフォーマンスの最大化をサポートするという。

本体サイズは51(幅)×51(高さ)×14.9(奥行)mm。本体の重量は「Ti Carbon Gray DLC」が61g、「Steel」が71g。

価格は「Ti Carbon Gray DLC」が115,500円、「Steel」が104,500円。

関連記事