【パナソニック】パナソニック、ハイグレードモデルの液晶4Kビエラ「HX900シリーズ」(薄型テレビ・液晶テレビ)

125

製品名:「4Kビエラ HX900シリーズ」

「4Kビエラ HX900シリーズ」

概要(価格.comより引用)

パナソニックは、 BS4K/110度CS4Kダブルチューナーを内蔵した4K液晶テレビの新モデルとして、「4Kビエラ HX900シリーズ」を発表した。

ラインアップと発売時期は、75V型「TH-75HX900」が7月下旬、65V型「TH-65HX900」および55V型「TH-55HX900」が10月となる。

いずれも、 BS4K/110度CS4Kチューナー×2基、地上/BS/110度CSデジタルチューナー×3基を装備したハイグレードモデル。画面解像度は3840×2160ドットで、「TH-75HX900」はLED VAパネル、「TH-65HX900」および「TH-55HX900」はLED IPSパネルを採用する。

主な特徴として、「AI HDRリマスター」が進化し、新4K衛星放送のHDR(HLG)画質が向上。明るく高コントラストな映像を実現する。さらに、プロの映像制作用マスターモニターにも採用されている、3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)を搭載した「ヘキサクロマドライブ」によって、明部から暗部まで色と階調を忠実に再現するという。

また、「オブジェクト検出 倍速表示」技術を搭載。スポーツなどの激しい動きも、なめらかでクリアに表示するとのこと。音質面では、30Wのダイナミックサウンドシステムに加えて、立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」をサポートする。

このほか、吸着機能付きの「転倒防止スタンド」をスッキリとした薄型デザインに進化させて搭載した(「75HX900」を除く)。

価格はいずれもオープン。

関連記事