【シャープ】シャープ、22.2ch音声入力対応の「AQUOSオーディオ 8A-C22CX1」(ホームシアター スピーカー)

120

製品名:「AQUOSオーディオ 8A-C22CX1」

「AQUOSオーディオ 8A-C22CX1」

概要(価格.comより引用)

シャープは、シアターバーシステム「AQUOSオーディオ 8A-C22CX1」を発表。8月29日より発売する。

8K放送で採用されている音声フォーマット「MPEG-4 AAC」の「22.2ch音声入力」に対応したモデル。液晶テレビ「AQUOS 8K」(8T-C70CX1、8T-C60CX1)と組み合わせることで、テレビから22.2chのオリジナル信号を同機にそのまま入力可能。信号が持つ高音質特性を維持したまま音声処理できるため、22.2ch信号を最大限に生かした立体音響を再現するとのことだ。

また、音楽ホールやスタジオなどの建築音響分野で実績を持つ鹿島建設技術研究所と、音響技術分野で著名な英国サウサンプトン大学音響振動研究所が共同開発した立体音響再生技術「OPSODIS(オプソーディス)」を採用。視聴者の前方にスピーカーを設置するだけで、前後、左右、上下を含む360度の立体音響を創出するという。

加えて、ドルビーラボラトリーズが開発した立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応。さらに、3Wayスピーカーシステムと、各スピーカーを独立駆動する6chデジタルアンプを装備し、きめ細かな音場再生を実現するとのことだ。

主な仕様は、総合出力が400W(フロントスピーカー125W+125W/サブウーハー150W、非同時駆動、JEITA)。無線通信は、Bluetoothのバージョンが4.0+EDR、対応プロファイルは、A2DP、AVRCPをサポートする。

フロントスピーカーの本体サイズは1200(幅)×69(高さ)×140(奥行)mm、重量は約4.5kg。サブウーハーの本体サイズは261(幅)×337(高さ)×261(奥行)mm、重量は約7.2kg。

価格はオープン。

■関連リンク

シャープ、8K放送の22.2ch音響に対応したAQUOS オーディオ「8A-C31AX1」

関連記事