【富士フイルム】富士フイルム、開放F値1.0の明るさを実現した「XF50mmF1.0 R WR」(レンズ)

48

製品名:

概要(価格.comより引用)

富士フイルムは、ミラーレスカメラ「Xシリーズ」用交換レンズとして、「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」を発表。9月24日より発売する。

50mm(35mm判換算:76mm相当)の焦点距離を備えた大口径中望遠単焦点レンズ。ミラーレスカメラ用の交換レンズとして、世界初となる開放F値1.0の明るさを実現したのが特徴だ(2020年9月3日時点、同社調べ)。

また、開放F値1.0の明るさを生かし、なめらかで美しいボケ味を実現。高性能なAFにより素早く正確にピントを合わせも可能で、被写体を際立たせたポートレート撮影などを楽しめる。

さらに、小型軽量な「Xマウントシステム」を生かした設計により、開放F値1.0のきわめて明るいレンズながら、重量845g・全長103.5mmに抑え、すぐれた携帯性を実現している。

このほか、防塵・防滴・−10度の耐低温構造に対応するなど、高い実用性を備えている。

価格は200,000円(税別)。

関連記事