【RATOC】ラトック、「リッチ通知機能」を搭載したネットワークカメラ「ieCame」3機種(ネットワークカメラ・防犯カメラ)

24

製品名:RS-WFCAM1

RS-WFCAM1

概要(価格.comより引用)

ラトックシステムは、ネットワークカメラ「ieCame(イエカメ)」シリーズを発表。コンパクトモデル「RS-WFCAM1」、首振りモデル「RS-WFCAM2」、屋外対応モデル「RS-WFCAM3」の3機種をラインアップし、6月上旬より発売する。

いずれも、AIが人の外観を捉えて写真付きプッシュ通知を行う「リッチ通知機能」を搭載したのが特徴。従来は人が映っているかどうかを実際にアプリで開いて映像を確認する必要があったが、「リッチ通知機能」では映った動体の中からクラウド上で人の形を見分けて通知、さらに人を検知したときは写真付きで送ることで、通知を開くだけでそのときの状況を把握できる。

また、クラウドを経由して、ieCameアプリからライブや録画映像を確認することが可能なほか、クラウドには1日分の検知録画データを保存できる。本体に装着したmicroSDカードを保存先として指定することで、連続した録画データ(フルHD画質の場合、32GBで約96時間分)の保存も行える。

さらに、有償プランとして、サブスクリプション(月額4.99ドル〜)でクラウドへの連続録画保存と顔識別の機能追加を提供。クラウドへの連続録画保存では、録画データに検知履歴のタグを付けて映像を管理。録画期間は、7日間、15日間、30日間から選択できる。顔識別の機能には、「RS-WFCAM1」および「RS-WFCAM3」が対応。映った人の顔と名前を最大16名まで登録可能で、通知の時に名前を付けて知らせたり、家族の行動を時系列で見ることができる。

このほか、スマートスピーカーに対応。スクリーン付きスマートスピーカーに「◯◯(カメラの名前)をみせて」と話しかけると、ieCameからのライブ映像をスクリーン上に表示。Amazon Alexa認定済み、Googleアシスタントは今夏対応予定となっている。

性能面では、200万画素のCMOSセンサーを搭載。デジタルズーム4倍に対応。動画は、1920×1080ドット/15fpsでの撮影が可能だ。無線LANはIEEE802.11b/g/nに対応する。

■コンパクトモデル「RS-WFCAM1」、

「RS-WFCAM1」は、コンパクトなスタンダードモデル。壁への取り付けにも対応する。本体サイズは69(幅)×107(高さ)×69(奥行)mm。重量は約95g(本体のみ)。価格は9,800円(税別)。

■首振りモデル「RS-WFCAM2」

「RS-WFCAM2」は、パンチルトに対応した首振りモデル。天井への吊り下げにも対応する。本体サイズは83(幅)×110(高さ)×83(奥行)mm。重量は約215g(本体のみ)。価格は10,800円(税別)。

■屋外対応モデル「RS-WFCAM3」

「RS-WFCAM3」は、防水(IP65)に対応し、屋外設置が可能なモデル。壁への取り付けにも対応する。本体サイズは92(幅)×99(高さ)×57(奥行)mm。重量は約230g(本体のみ)。価格は17,400円(税別)。

関連記事