【Apple】アップルが「Apple Music」のロスレス/空間オーディオ対応を正式発表、追加費用なし(スマートフォン)

69

製品名:2021年6月より、Apple Musicのサブスクリプションの登録者は、Dolby Atmosによる空間オーディオとロスレスオーディオを利用できるようになる

2021年6月より、Apple Musicのサブスクリプションの登録者は、Dolby Atmosによる空間オーディオとロスレスオーディオを利用できるようになる

概要(価格.comより引用)

アップルは、同社の音楽配信サービス「Apple Music」がロスレスオーディオ、および立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」による空間オーディオに対応することを発表した。

これらの新機能は、「Apple Music」のサブスクリプションの登録者に対して6月より、追加費用なしで提供する予定だ。

ロスレスオーディオについて、同社では「アップルはすべての音源ファイルの保存にALAC(Apple Lossless Audio Codec)を使用している。『Apple Music』で今後、7500万を超える曲のカタログがロスレスオーディオで利用できるようになる」と説明している。

なお、ロスレスオーディオを利用するには、「Apple Music」の最新バージョンにおいて、「設定」→「ミュージック」→「オーディオの質」でオンにできるとのこと。モバイル通信、Wi-Fiといった接続方法、またはダウンロード用に、さまざまなレゾリューションを選択できる。

また、「Apple Music」でのロスレスオーディオのレベルは、「16bit/44.1kHzから最大24bit/48kHzまで、アップルのデバイスでそのまま再生できる」とのこと。さらに、「最大24bit/192kHzのハイレゾリューションロスレスも提供する」とアナウンスしている(ハイレゾロスレスには、USB DAコンバータなどの外部装置が必要)。

いっぽう、空間オーディオ対応については、「『Apple Music』ではデフォルトで、H1チップまたはW1チップを搭載したすべてのAirPodsとBeatsのヘッドホン、および最新バージョンのiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカーで、ドルビーアトモス対応の曲を自動的に再生する」とアナウンスしている。

「Apple Music」では今後、「新たなDolby Atmos対応の曲を常に追加する」として、ユーザーが好きな音楽を見つけやすいように、Dolby Atmos対応のスペシャルプレイリストもキュレーションする予定。加えて、Dolby Atmos対応のアルバムは、詳細ページにバッジが表示され、簡単に見つけられるようになるとのことだ。

■関連リンク

アップル、「Apple Music」で“まったく新しい音楽体験”を近日中に配信へ

関連記事