【Thermaltake】Thermaltake、「初音ミク」コラボのパソコン周辺機器6モデル(キーボード)

91

製品名:「初音ミク」コラボのパソコン周辺機器6モデル

「初音ミク」コラボのパソコン周辺機器6モデル

概要(価格.comより引用)

Project Whiteは、初音ミクとコラボレーションしたパソコン周辺機器6モデル(Thermaltake製)の予約販売を7月1日12時より、ツクモ店舗およびツクモネットショップで開始すると発表した。

2019年4月開催「ニコニコ超会議2019」のクリプトン・フューチャー・メディアブースにおいて、初音ミクがPCやゲーミングデバイスを使用する部屋をイメージした「初音ミクのPC部屋」で再現したコラボレーション製品となる。

■「LEVEL 20 RGB MECHANICAL GAMING KEYBOARD HATSUNE MIKU EDITION」

「初音ミクのPC部屋」イラストでミクが使用していたミクカラーキーボードを再現。天板に高品質なアルミプレートを使用し、初音ミクのイラストを刻印する。色の異なる「3」「9」キーキャップも採用した。

仕様面では、アクチュエーションポイント1.2mmの高速入力対応メカニカルスイッチ「Cherry MX Speed RGB SILVER」を採用。1680万色RGB LEDと前面14種、側面15種の発行パターンによって、自分だけのイルミネーション効果も作成可能だ。

購入特典は、ミクぬいぐるみ iXimaバージョン mini、HoloModels デジタルフィギュア「初音ミク(PC部屋衣装 キーボード付き)」。

価格は29,800円。

■「HATSUNE MIKU Gaming Chair」

「初音ミクのPC部屋」イラストでミクが座っていたミクカラーチェアを再現。取り外し可能なヘッドレストとランバーサポートを備える。また、調整の自由度を高める4Dアジャスタブルアームレストを装備。日本人に向けて調整を重ねた低座面(床面から44〜54cm)を採用した。

購入特典は、ミクぬいぐるみ iXimaバージョン mini、HoloModels デジタルフィギュア「初音ミク(PC部屋衣装 ゲーミングチェア付き)」。

価格は69,800円。

■「Pulse G100 RGB GAMING HEADSET HATSUNE MIKU EDITION」

初音ミクをイメージした、ブルーグリーンカラー仕様のゲーミングヘッドセット。ハウジング左右にも、ミクのワンポイントデザインを配置する。仕様面では、高品質53mmドライバーを装備。3D RGBカラーイルミネーションイヤーカップデザインも採用した。

購入特典は、ミクぬいぐるみ iXimaバージョン mini。

価格は10,800円。

■「Versa H26 HATSUNE MIKU EDITION」

「初音ミクのPC部屋」イラストでミクが使用していた、ミクカラーのPCケースを再現。アクリルサイドパネルを採用し、別売りの「Pure Plus 12 RGB Case Fan Hatsune Miku Edition」にマッチするという(最大で120mmファン×7基搭載可能)。

取外し可能なダストフィルターは、初音ミクをイメージしたブルーグリーン、ピンクの2色が付属する。5インチベイのカバーは、iXima氏デザインのミクシルエットを含めた計4種を用意し、自由な組み合わせが可能だ。

価格は11,980円。

■「Pure Plus 12 RGB Case Fan Hatsune Miku Edition」

初音ミクをイメージした、12cmケースファン3個とコントローラー1個のセットモデル。ファンの軸受け部分に、9個のRGB LEDを搭載。1680万色イルミネーションに対応する。専用コントローラーに接続して「TT RGB PLUS(初音ミク仕様)」ソフトウェアを使用することで、LEDカラーの設定やファンスピードのコントロールが可能だ。

購入特典は、ミクぬいぐるみ iXimaバージョン mini。

価格は10,800円。

■「LEVEL 20 RGB GAMING MOUSE HATSUNE MIKU EDITION」

初音ミクをイメージしたデザイン・カラーリングのゲーミングマウス。右手左手どちらの手でも使える、左右対称デザインを採用した。さらに、PixArt PMW-3389センサーを採用。16000dpiまでの解像度調整が可能だ。プロファイルとライティングは、統合管理ソフトウェア「iTAKE(初音ミク仕様)」によって、きめ細かな設定を行える。

価格は16,800円。

Art by iXima / Character Modeling by つみだんご / Costume Modeling by銀獅(C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net (C)Gugenka(R)

関連記事