【アイリスオーヤマ】アイリスオーヤマが「国産マスク」の生産ライン本格稼働、月産1億5000万枚(その他健康器具・医療機器)

61

製品名:マスク生産・出荷の様子

マスク生産・出荷の様子

概要(価格.comより引用)

アイリスオーヤマは7月9日、国産マスクの本格稼働にともなって、角田工場(宮城県)からの出荷を順次開始したことを発表した。

同社は、新型コロナウイルスの感染拡大による政府からの要請を受け、大連工場(中国・遼寧省)と蘇州工場(中国・江蘇省)に加えて、宮城県角田工場の一部を改修して、マスクを生産することを明らかにしている。

そこで今回、マスクの生産・出荷に関する様子が同社ホームページ上で公開された。なお、生産アイテムは、不織布マスク、マスク用不織布(メルトブロー、スパンボンド)になるという。

同社では、「今後も生産設備を順次導入し、国内生産1億5000万枚/月(8月の生産能力。6月の稼働から順次増強予定)の生産体制を構築していく」とコメントしている。

■関連リンク

アイリスオーヤマ、国内生産「ナノエアーマスク」を6月中旬より順次発売

アイリスオーヤマ、国産マスクの生産能力を1億5000万枚/月に増強

アイリスオーヤマ、国産マスクの生産能力を1億5000万枚/月に増強

アイリスオーヤマがマスクの国内生産へ、6000万枚/月の生産を目指す

関連記事