【オムロン】オムロン、スマホと連携するパルスオキシメーター「HPO-300T」(その他健康器具・医療機器)

74

製品名:HPO-300T

HPO-300T

概要(価格.comより引用)

オムロン ヘルスケアは、パルスオキシメーター「HPO-300T」を発表。4月26日より、医療関係者向けに発売する。

パルスオキシメーターは、指先などに光を当てることで、SpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)と脈拍数を測定する医療機器。肺から取り込まれた酸素は、赤血球に含まれるヘモグロビンと結合して全身に運ばれる。

SpO2とは、動脈を流れる赤血球中のヘモグロビンのうち酸素と結合しているヘモグロビンの割合を、皮膚を通して測定した値。健康な人のSpO2標準値は96〜99%で、喘息やCOPDなどの呼吸器疾患によって呼吸機能が低下し、正常に酸素を取り込めなくなると、SpO2は低下。90%を下回ると呼吸不全が疑われるという。

また、SpO2は、新型コロナウイルス感染症の重症度を判断する指標としても活用されており、SpO2を簡単に測定できるパルスオキシメーターは、感染者宿泊施設などでも活用され、急速に普及している。

さらに、Bluetooth通信機能を搭載し、同社の健康管理アプリ「OMRON connect」でデータを管理することが可能。測定データはアプリに記録でき、CSVファイルに出力して、簡単に医師と共有できる。本体には30回分のメモリー機能を搭載しており、データ転送を忘れた場合でも、まとめてデータ転送が行える。

このほか、電源は単4形アルカリ乾電池×2本を使用。本体サイズは32(幅)×61.5(高さ)×31.5(奥行)mm。重量は約60g(電池含む)。

関連記事