【ヤマハ】ヤマハ、デザインと回路構成を一新したAVアンプ「RX-V6A」「RX-V4A」(AVアンプ)

46

製品名:「RX-V6A」「RX-V4A」

「RX-V6A」「RX-V4A」

概要(価格.comより引用)

ヤマハは、7.1ch AVアンプ「RX-V6A」および5.1ch AVアンプ「RX-V4A」を発表。10月中旬より順次発売する。

「AVレシーバーの価値を再定義するという思いのもと、10年振りに外観デザインを一新し、筐体・回路構成をいちから見直すことで、映像・音質性能をさらに高めた」というモデル。

具体的には、「RX-V6A」はDolby Atmos/DTS:Xをはじめ、ハイトスピーカーなしで3次元音場をバーチャル再生できる「Dolby Atmos Height Virtualizer」機能(ファームウェア更新によって対応予定)に対応。さらに2モデルともに、8K/60pパススルーやVRR、QMS、QFT、ALLMなどの最新規格(ファームウェア更新によって対応予定)に準拠したHDMI端子も装備する。

このほか、WAV/AIFF 384kHz/32bit(「RX-V4A」はWAV/AIFF 192kHz/32bit、FLAC 192kHz/24bit)、DSD 11.2MHzをサポートするハイレゾ再生、高品位音楽配信サービス「Amazon Music」「Deezer HiFi」にも対応。「映画やドラマなどの映像コンテンツに加えて、ゲームや音楽など、さまざまなコンテンツの感動と楽しさを深めるAVセンター」として利用できるとのことだ。

本体サイズは共通で435(幅)×171(高さ)×377(奥行)mm、Wi-Fiアンテナ直立時が435(幅)×245(高さ)×377(奥行)mm。重量は「RX-V6A」が9.8kg、「RX-V4A」が8.8kg。ボディカラーはブラック。

価格は、7.1ch AVアンプ「RX-V6A」が65,000円、5.1ch AVアンプ「RX-V4A」が45,000円(いずれも税別)。

「「RX-V6A」「RX-V4A」」に関する他の記事

ホーム - ヤマハ株式会社

関連記事