【最新情報】ソニー「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」発表まとめ、ドコモ・au・ソフトバンクにも動き(スマートフォン)

90

製品名:

概要(価格.comより引用)

ソニーは2021年4月14日、5G対応スマートフォンの新モデルとして、フラッグシップモデル「Xperia 1 III」、およびミッドレンジモデル「Xperia 10 III」を発表した。いずれも2021年初夏以降より発売する予定だ。あわせて同社は、同じく新モデルとなる「Xperia 5 III」(国内販売は未定)も発表している。

さらに、国内大手携帯キャリアによる取り扱いも発表された。具体的には、NTTドコモが「Xperia 1 III」および「Xperia 10 III」の2機種を、au(KDDI)が「Xperia 1 III」および「Xperia 10 III」の2機種を、ソフトバンクが「Xperia 1 III」の1機種を6月中旬以降より順次発売する。

ソニー、120Hz駆動4K HDR有機EL搭載の5Gフラッグシップスマホ「Xperia 1 III」

5G対応のフラッグシップスマートフォン。表示部は、アスペクト比21:9の6.5型シネマワイドディスプレイを装備。リフレッシュレート120Hz駆動の4K HDR対応有機ELディスプレイ(3840×1644ドット)を採用する。

カメラ機能では、アウトカメラは、16mm/F2.2の超広角カメラ(有効約1220万画素)、24mm/F1.7の広角カメラ(有効約1220万画素)、70mm/F2.3・105mm/F2.8の可変式望遠レンズ搭載カメラ(有効約1220万画素)、3D iToFセンサーで構成する(焦点距離はすべて35mm判換算)。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 888 5G」、メモリーが12GB、ストレージが256GB/512GB。外部記録媒体はmicroSDXCメモリーカード(最大1TB)に対応する。

ソニー、4500mAhバッテリーを搭載した5Gスマホ「Xperia 10 III」

5G対応のミッドレンジスマートフォン。「Xperia」シリーズのミッドレンジモデルとして、初めて5G通信に対応する。表示部は、アスペクト比21:9で、6型のフルHD+(2520×1080ドット) HDR対応有機ELディスプレイを採用する。

メインカメラには、3つの焦点距離を切り替えて撮影可能なトリプルレンズカメラを搭載。有効約1220万画素のイメージセンサーを採用した焦点距離27mmの広角レンズと、有効約800万画素のイメージセンサーを採用した焦点距離16mmの超広角レンズ、焦点距離54mmの望遠レンズ(35mm換算)を切り替えて、シーンに合わせて撮影を楽しめる。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 690 5G」、メモリーが6GB、ストレージが128GB。外部記録媒体はmicroSDXCカード(最大1TB)に対応する。

au、5Gスマホ「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」を6月中旬以降に発売

au(KDDI)は、5G対応スマートフォン「Xperia 1 III SOG03」、および「Xperia 10 III SOG04」を6月中旬以降より発売すると発表した。4月15日10時から予約受付を開始する。ボディカラーは、「Xperia 1 III SOG03」がフロストブラック、フロストパープル、「Xperia 10 III SOG04」がブラック、ホワイト、ブルー、ピンクを展開する。

ソフトバンク、ソニー5Gスマホ「Xperia 1 III」を6月中旬以降発売

ソフトバンクは、「ソフトバンク」ブランドより、5G対応スマートフォン「Xperia 1 III」を6月中旬以降より発売すると発表した。ボディカラーはフロストブラック、フロストパープルを展開する。

ドコモからも「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」発売へ、限定カラーモデルを用意

NTTドコモは、「ドコモ スマートフォン Xperia 1 III SO-51B」および「ドコモ スマートフォン Xperia 10 III SO-52B」の2機種を開発し、6月中旬以降より発売すると発表した。

ボディカラーは、「Xperia 1 III SO-51B」がフロストブラック、フロストグレイ、フロストパープルを、「Xperia 10 III SO-52B」がブルー、ホワイト、ブラック、ピンク、イエロー(イエローはドコモオンラインショップ限定カラー)を展開する。

<2021年4月15日10時追記>NTTドコモの取り扱い発表により、初出から内容を追記しました。

関連記事