【最新情報】OPPO、初のスマートウォッチ「OPPO Watch」を8月下旬発売(ウェアラブル端末・スマートウォッチ)

53

製品名:OPPO Watch 41mm

OPPO Watch 41mm

概要(価格.comより引用)

オッポジャパンは、同社初となるスマートウォッチ「OPPO Watch 41mm」を発表。8月7日15時から予約を開始し、8月下旬より発売する。

1.6型の画面サイズに320×360ドットの有機ELディスプレイを採用したモデル。時刻表示、スマートフォンの通知、健康状態の確認など、さまざまな利用シーンですぐれた視認性を発揮する。

また、3気圧防水に対応し、汗や雨など、水濡れの心配がないという。ケースにはアルミニウム合金を採用し、より頑丈でスタイリッシュな仕上がりになっている。

機能面では、フィットネスのプログラムと健康管理機能を搭載。AIが眠りの深さや、睡眠時間の計測を行い、より快適な睡眠を推奨して健康管理の維持に貢献する。

さらに、独自の急速充電技術「Watch VOOCフラッシュチャージ」に対応し、約75分でフル充電が可能。バッテリー駆動時間は、通常使用で約24時間、省エネモードで最大2週間。

このほか、Wear OS by Googleに対応。対応OSは、Android 6.0以上、iOS 12.0以上(iOSでは使用できる機能やサービスが一部異なる)。

無線通信は、Bluetooth 4.2、IEEE802.11b/g/nに対応。本体サイズは41.45(幅)×36.37(高さ)×11.4(奥行)mm。重量は約30.1g。

ボディカラーは、ブラック、ピンク ゴールド、シルバー ミストの3色を用意。別売りのストラップは4色のラインアップとなる。

価格は25,800円。

■関連リンク

OPPO、完全ワイヤレスイヤホン「OPPO Enco W51/W11」

「OPPO Watch 41mm」に関する他の記事

OPPO Watch 国内発表。2万5800円で8月下旬発売 - Engadget 日本版

関連記事