【象印】象印、Ag+抗菌加工を採用した圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き NW-LB型」(炊飯器)

14

製品名:NW-LB10

NW-LB10

概要(価格.comより引用)

象印マホービンは、「圧力IH炊飯ジャー“炎舞炊き” NW-LB型」を発表。5.5合炊きモデル「NW-LB10」、1升炊きモデル「NW-LB18」をラインアップし、6月21日より発売する。

“炎舞炊き”独自の「ローテーションIH構造」の底IHヒーターを、6つに増強したモデル。対角線上にある2つのヒーターを同時に加熱し、より激しく複雑な対流を起こすことが可能となった。これにより、甘み成分を引き出すという。

また、衛生面に配慮し、触る頻度が高い「しゃもじ(立つしゃもじ)」と、外ぶたを開けるときに押す「プッシュボタン」に、抗菌効果のある銀イオン(Ag+)を配合した。

さらに、内釜には「鉄 〜くろがね仕込み〜 豪炎かまど釜」を採用。ふち部分は特に厚くし、炎舞炊きの熱が、外に逃げるのを抑え効率よく加熱するという。内釜の内面には、遠赤外線とプラチナナノ粒子を組み合わせた「うまみプラスプラチナコート」を施した。

「NW-LB10」の主な仕様は、炊飯時消費電力が1240W、白米の炊飯容量が0.09〜1.0L。本体サイズは約27.5(幅)×23.5(高さ)×35(奥行)cm、重量は約8.5kg。ボディカラーは「濃墨(こずみ)」「絹白(きぬしろ)」。

「NW-LB18」の主な仕様は、炊飯時消費電力が1370W、白米の炊飯容量が0.18〜1.8L。本体サイズは約31(幅)×26.5(高さ)×37.5(奥行)cm、重量は約10kg。ボディカラーは「濃墨」「絹白」。

価格はいずれもオープン。

関連記事