【パナソニック】パナソニック、真ん中に「Wシャキシャキ野菜室」をレイアウトした冷蔵庫2機種(冷蔵庫・冷凍庫)

16

製品名:NR-F516MEX

NR-F516MEX

概要(価格.comより引用)

パナソニックは、冷蔵庫の新モデルとして、内容積513Lの「NR-F516MEX」、および内容積483Lの「NR-F486MEX」を発表。10月30日より発売する。

いずれも断熱壁を増やし、各室が独立した新構造を採用したモデル。「Wシャキシャキ野菜室」を真ん中にレイアウトした点が特徴。キャベツなど大きい野菜も、腰をかがめず楽な姿勢で出し入れできるという。

「Wシャキシャキ野菜室」には、2種類の新フィルターを搭載。下段ケースは「モイスチャープラスフィルター」により、湿度を適切に保ち、少量の野菜でも鮮度をキープ(同社調べ)するという。上段ケースには、野菜から発生するエチレンガスを分解する「パラジウム保鮮フィルター」を備えた。

また、温度帯を切り替えられる「パーシャル/はやうま冷凍 切替室」も搭載。「パーシャル」の場合、約-3度の微凍結で肉や魚やつくり置きの鮮度が約1週間長持ち(同社調べ)するとのこと。

さらに、当社独自の技術「ナノイーX」を冷蔵室に搭載し、菌の繁殖やニオイを抑制し、庫内を清潔に保つという。くわえて冷蔵室には、整理整頓をサポートする「アレンジストッカー」を新たに装備。このほか、同社独自の「フラットスチールドア」を採用した。

本体サイズは、「NR-F516MEX」が685(幅)×1828(高さ)×699(奥行)mm、「NR-F486MEX」が685(幅)×1750(高さ)×699(奥行)mm。ボディカラーはステンレスシルバー、セラミックホワイトの2色をそれぞれ用意する。

価格はいずれもオープン。

関連記事