【COOLER_MASTER】クーラーマスター、Cryo Cooling Technologyに対応した水冷CPUクーラー「MasterLiquid ML360 Sub-Zero」(CPUクーラー)

55

製品名:MasterLiquid ML360 Sub-Zero

MasterLiquid ML360 Sub-Zero

概要(価格.comより引用)

クーラーマスターは、一体型水冷CPUクーラー「MasterLiquid ML360 Sub-Zero」を発表。4月16日より発売する。

インテルCryo Cooling Technologyを採用した一体型水冷CPUクーラー。ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアの独自の組み合せを活用した新たな技術により、周辺温度を下回る状況でのみ実現できるシリコンの動作特性を利用したオーバークロックに対応。より低い電圧で、より高い周波数のCPUの動作を可能にする。

また、熱電変換ユニット(TEC)を利用してCPUを冷却する特殊な設計を採用。コア数の少ないCPUのオーバークロックに対応する。

さらに、360㎜サイズの大型ラジエーターとSF120Rファンを採用。ウォーターブロックの基盤にセンサーを内蔵しており、温度と湿度を検知。システムへ情報を伝達することで、冷却を制御し、結露が起こるリスクを回避している。

このほか、対応CPUソケットはLGA1200。ラジエーターのサイズは394(幅)×119.6(高さ)×27.2(奥行)mm。ポンプのサイズは57.3(幅)×57.3(高さ)×92.2(奥行)mm。

市場想定価格は53,680円。

関連記事