【Anhui_ChangGeng_Optical_Technology】LAOWA、超広角135度のフルサイズミラーレス用レンズ「9mm F5.6 W-Dreamer」(レンズ)

30

製品名:

概要(価格.comより引用)

サイトロンジャパンは、「LAOWA」(Venus Optics)ブランドより、超広角レンズ「LAOWA 9mm F5.6 W-Dreamer」を8月7日から発売すると発表した。 ラインアップは、ライカM/L用、ニコンZ用、ソニーFE用を用意する。

超広角135度という、フルサイズミラーレスカメラ用に設計された非魚眼レンズとしては最も画角の広い超広角レンズ(2020年7月現在。同社調べ)。135度の視点によって、「従来の超広角レンズで撮影不可能だった、広い画角の写真を撮影できる」というのが特徴だ。

描写性能面では、 2枚の非球面レンズと特殊低分散ガラス2枚を含むレンズ設計により、色収差を抑えるとともに、ディストーションも最小限に補正したという。

また、超広角でありながら、最短合焦距離(被写体からセンサーまで)は12cmとマクロレンズのような撮影にも対応。近距離での広角マクロ撮影を行ったり、被写界深度をより簡単にコントロールできたりする。

さらに、5枚の絞り羽根により、絞りを1段絞るだけで、簡単に10点の光芒が撮影可能となっている。

主な仕様は、フォーマットがフルサイズ、焦点距離が9mm、画角が135度、絞り範囲(F値)がF5.6〜22、レンズ構成が10群14枚、絞り羽根枚数が5枚、最短合焦距離が12cm、最大倍率が0.21、フォーカシングがMF。

本体サイズは62.4(最大径)×66(全長)mm、重量は約350g(いずれもライカMの場合)。

市場想定価格は120,000円前後。

関連記事