【SONY】ソニー、167gのフルサイズ対応標準ズームレンズ「FE 28-60mm F4-5.6」(レンズ)

47

製品名:FE 28-60mm F4-5.6 SEL2860

FE 28-60mm F4-5.6 SEL2860

概要(価格.comより引用)

ソニーは、Eマウント用フルサイズ対応の標準ズームレンズ「FE 28-60mm F4-5.6 SEL2860」を発表。2021年春に発売する予定だ。

35mmフルサイズセンサー搭載デジタルカメラ用の交換式ズームレンズとして、世界最小・最軽量(最大径66.6mm×長さ45mm、重さ約167g)ながら(2020年9月15日時点、同社調べ)、普段使いに適した焦点距離28mm-60mmと、画面周辺部までの高い解像性能を実現したのが特徴だ。

また、非球面レンズ3枚を最適に配置することで諸収差を抑え、画面周辺部までの高い解像性能を実現。さまざま被写体の撮影をカバーできる焦点距離と最短撮影距離(広角端で0.3m、望遠端で0.45m)により、スナップ撮影のほか、テーブルフォト、ジンバルやグリップに装着した状態でのVlogにも適している。

さらに、高速・高精度・高追従かつ静粛なAF駆動が可能で、静止画・動画どちらの撮影にも対応。リアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AFに対応した最新のフルサイズミラーレス一眼カメラのAF性能を、最大限に引き出せるという。

くわえて、小型・軽量ながら、防塵・防滴に配慮した設計を採用し、屋外でも安心して撮影が可能だ。フィルター径は40.5mmで、風景撮影に使われる円偏光フィルターや、動画撮影に使われるNDフィルターなどが装着できる。

主な仕様は、焦点距離が28-60mm、焦点距離イメージが42-90mm(APS-Cカメラ装着時の35mm判換算値)、レンズ構成が7群8枚、画角が75度-40度(35mm判)/54度-27度(APS-C)、開放絞りF4-5.6、最小絞りF22-32、絞り羽根が7枚、最短撮影距離0.3m(ワイド端)/0.45m(テレ端)、最大撮影倍率0.16倍、フィルター径が40.5mm。

このほか、本体サイズは66.6(最大径)×45(長さ)mm。重量は約167g。

価格は60,000円(税別)。

■関連リンク

ソニー、小型・軽量のフルサイズミラーレスカメラ「α7C」を10/23発売

ソニー、カメラ本体の顔検出と連動する電波式ワイヤレス通信フラッシュ「HVL-F28RM」

関連記事