【富士通】ドコモ、“押し込み”でフリック入力しやすくなった「らくらくスマートフォン F-42A」(スマートフォン)

17

製品名:

概要(価格.comより引用)

NTTドコモは、「らくらくスマートフォン F-42A」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を9月23日より発売すると発表した。9月17日より予約受付を開始し、9月20日からドコモオンラインショップでの事前購入受付を開始する。

表示部に、約4.7型HD有機ELディスプレイ(1280×720ドット)を装備したモデル。自分にあった文字サイズに切り替えられる、拡大機能も備える。

さらに、フリック入力での文字入力を「らくらくタッチ」が新たにサポート。「らくらくタッチ」の押し込みでガイドを固定表示できるため、文字入力しやすいという。また、押し込みを使わない普通のフリック入力にも対応し、「慣れてくれば、普通のスマートフォンと同じように文字入力ができるようになる」と同社では紹介している。

くわえて、よく利用するアプリだけを配置して、横スライドで操作できる「スマホかんたんホーム」、困ったときにボタンを押すだけで電話できる「らくらくホンセンター」(事前に設定が必要。通話料、利用料無料)、撮影した花の名前がわかる「花ノート機能」を搭載。迷惑電話対策機能、迷惑メール判定機能、緊急時ブザーも備える。

このほか主な仕様は、プロセッサ−が「Snapdragon 450」、メモリーが3GB、内蔵ストレージが32GB。外部記録媒体がmicroSDXCメモリーカード(最大1TB)に対応。カメラ機能は、アウトカメラが約1310万画素(F1.9)+約500万画素(F2.4)。OSは「Android 10」をプリインストールする。

バッテリー容量は2110mAhで、電池持ち時間は約85時間。IPX5/8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能、ワンセグ、FMラジオにも対応。本体サイズは70(幅)×143(高さ)×9.3(奥行)mm、重量は約143g。ボディカラーは、ピンク、ホワイト、ネイビー。

関連記事