【Vivitek】Vivitek、重量2.6kgで明るさ4000ルーメンのモバイルプロジェクターなど(プロジェクタ)

102

製品名:

概要(価格.comより引用)

加賀マイクロソリューションは、Vivitek製のモバイルプロジェクター「DW284ST」と「DW275」の取り扱いを開始。8月12日より発売する。

いずれも、WXGA(1280×800ドット)対応で重量2.6kgとコンパクトボディを実現したDLPモバイルプロジェクター。

「DW275」は、4000ルーメンと高輝度で、照明を落とさずに細部まで鮮明な映像を投写できるモデル。「DW284ST」は、明るさ3600ルーメンで、短い距離でも大画面投写が可能な短焦点モデル。

いずれもHDMI端子を2つ装備し、パソコン以外にも、ゲーム機などのAV機器との同時接続が可能。ケーブルを抜き差しすることなく、手早く接続機器を切り替えられる。

「DW275」の有効表示サイズが0.65型、アスペクト比が16:10、焦点距離が21.8〜25.6mm、F値がF2.46〜2.66、光源が210W、画面サイズが40〜240型、投写距離が1.3〜9.6m、コントラスト比が15000:1、消費電力が240W。

「DW284ST」の有効表示サイズが0.65型、アスペクト比が16:10、焦点距離が7.2mm、F値がF2.7〜、光源が210W、画面サイズが60〜120型、投写距離が0.62〜1.24m、コントラスト比が15000:1、消費電力が240W。

本体サイズはいずれも331(幅)×105(高さ)×244(奥行)mm、重量が2.6kg。インターフェイスは、HDMI v1.4b×2、VGA(入力×2、出力×1)。AC電源コード、VGAケーブル、リモコン、ドキュメントセットが付属する。

価格はいずれもオープン。

関連記事