【OPPO】43,800円、“最大1億800万画素相当”撮影対応の「OPPO Reno5 A」が6/11発売(スマートフォン)

45

製品名:「OPPO Reno5 A」

「OPPO Reno5 A」

概要(価格.comより引用)

オウガ・ジャパンは、「OPPO」ブランドより、5G対応スマートフォン「OPPO Reno5 A」を6月11日から順次発売すると発表した。6月1日より予約受付を開始する。

MNOでは楽天モバイル、ワイモバイル、MVNOではIIJmio、イオンモバイル、QTモバイル、goo Simseller、BIGLOBEモバイル、FiiMo、LinksMateが取り扱う予定だ。

「OPPO Reno5 A」は、アウトカメラに、有効約6400万画素メインカメラ(F1.7)+約800万画素超広角カメラ(F2.2/画角119度)+約200万画素モノクロカメラ(F2.4)+約200万画素マクロカメラ(F2.4)の4眼構成を採用したモデル。

カメラ機能では、通常のポートレートモードで被写体を美しく際立たせると同時に、背景の街明かりを「玉ボケ」させて幻想的な1枚に仕上げる「ネオンポートレート」、超高精細写真と超解像アルゴリズムによって「最大1億800万画素相当」の解像度で写真を撮影できる「超高解像度モード」、年齢、性別など、被写体に応じて顔を自動で補正する「AIビューティー」を搭載。アウト/イン同時動画撮影にも対応した。

このほか主な仕様は、表示部が約6.5型フルHD+液晶(2400×1080ドット)、プロセッサーが「Snapdragon 765G」、メモリーが6GB、内蔵ストレージが128GB。外部記録媒体はmicroSDXCメモリーカード(最大1TB)をサポートする。インカメラは約1600万画素(F2.0)だ。OSは「ColorOS 11(based on Android 11)」をプリインストールした。

無線通信はBluetooth 5.0、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格をサポート。主な対応ネットワークは、5Gがn3/n28/n77/n78、FDD-LTEがB1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28、TD-LTEがB38/39/40/41/42、WCDMAがB1/2/4/5/6/8/19。

バッテリー容量は4000mAhで、連続通話時間が約1440分、連続待受時間が約350時間。30分で約41%を充電する急速充電も利用可能。セキュリティ機能は、背面指紋認証、顔認証。IP6X/IPX8相当の防水・防塵性能、おサイフケータイに対応する。

本体サイズは74.6(幅)×162(高さ)×8.2(奥行)mm、重量は約182g。ボディカラーは、アイスブルー、シルバーブラック。

価格は43,800円。

■関連リンク

OPPO、10億色で処理する5Gスマホの最上位「Find X3 Pro」SIMフリーモデル

31,800円、5Gスマホ「OPPO A54 5G」SIMフリー版が6月下旬以降発売

「「OPPO Reno5 A」」に関する他の記事

Makuake|スマホと接続するだけで完全なデスクトップ体験を提供する新デバイスMirabook|マクアケ - アタラシイものや体験の応援購入サービス
6万円の5Gスマホが日本にくる? OPPOのReno3が世界で5Gを普及させる:山根博士のスマホよもやま話 - Engadget 日本版
中国で5Gサービスが正式開始 予約だけで1000万人突破、月額約2000円から (1/2) - ITmedia Mobile
OPPOのSIMフリースマホ「A5 2020」11月1日発売 価格は2万6800円(税別) - ITmedia Mobile
making money using clickbank
PDA工房<すべてのお客様に100%の満足を!>iPhone/Android/GPS/スマートフォンなどのモバイルグッズの専門店です。オリジナル製品など他店で入手が難しいアイテムも満載!!
PDA工房<すべてのお客様に100%の満足を!>iPhone/Android/GPS/スマートフォンなどのモバイルグッズの専門店です。オリジナル製品など他店で入手が難しいアイテムも満載!!

関連記事