【JAPANNEXT】JAPANNEXT、3画面を実現する2画面モバイルディスプレイ「Tri-Screen」(PCモニター・液晶ディスプレイ)

25

製品名:Tri-Screen

Tri-Screen

概要(価格.comより引用)

JAPANNEXTは、最大3画面を実現する2画面モバイルディスプレイ「Tri-Screen」を発表。画面サイズのラインアップとして、10.1型モデル「JN-TRI-IPS101HDR」、11.6型モデル「JN-TRI-IPS116FHDR」、13.3型モデル「JN-TRI-IPS133FHDR」の3機種を用意し、2月10日より発売する。

最大3画面の拡張スクリーンを実現できる2画面モバイルディスプレイ。ノートパソコンに装着し、ケーブルで接続することで、パソコンのディスプレイとあわせて3画面の拡張スクリーンとして使用することが可能だ。

また、電源供給と映像出力が可能なUSB Type-Cケーブルでは、ひとつの画面につき1本のケーブルで接続が可能。miniHDMI端子も装備しており、付属のminiHDMIケーブルから入力できる。

さらに、液晶パネルはIPSを採用。インターフェイスとして、miniHDMI×2、USB-TypeC×2、USB-Type C(電源供給用)×2を装備する。

10.1型モデル「JN-TRI-IPS101HDR」は、10.1型×2画面を採用。解像度は1920×1200ドット(1画面あたり)。本体サイズは286(幅)×182(高さ)×25(奥行)mm(収納時)。重量は約0.84kg。直販価格は37,800円。

11.6型モデル「JN-TRI-IPS116FHDR」は、11.6型×2画面を採用。解像度は1920×1080ドット(1画面あたり)。本体サイズは318(幅)×215(高さ)×25(奥行)mm(収納時)。重量は約1.3kg。直販価格は39,800円。

13.3型モデル「JN-TRI-IPS133FHDR」は、13.3型×2画面を採用。解像度は1920×1080ドット(1画面あたり)。本体サイズは357(幅)×233(高さ)×25(奥行)mm(収納時)。重量は約1.5kg。直販価格は42,800円。

■関連リンク

ノートPCが3画面に、11.6型の拡張モバイルデュアルディスプレイが2/1発売

関連記事